第10回江戸名所時間旅行(2023年2月)

10回江戸名所時間旅行のご案内

【日時】2月26日(日)午前10~11時 

【内容】「金沢八景」

 現代では他県になった「金沢八景」は、かつては江戸と同じ武蔵の最南端に位置します。江戸市中の名所が、水や緑があったとしても河川や湧水・池に過ぎず、海と言っても単調な江戸湾でしかなかった。そこへいくと金沢の地の絶景は驚嘆に値したに違いない。『江戸名所図会』の「金沢勝概一覧之図」は八景が一望でき、ガイド案内図にも相応しく思える挿絵です。

大三嶋神社の孫勧請ともいうべき瀬戸神社、鎌倉幕府14代執権北条高時ゆかりの泥牛庵、日蓮法論と足腰の神様日荷上人の上行寺、八景プラスワンの九覧亭擁する金龍禅寺、北条政子ゆかりの琵琶島神社、文人墨客や豪商を楽しませた東屋、関東には珍しい真言宗御室派竜華寺、蒲冠者源範頼ゆかりの薬王寺、そして15代執権金沢貞顕が浄土の夢を実現せんとした称名寺、忘れてはいけない金沢文庫などを巡っていきます。

 昨年9月に実施した月例会のコースルートを参考に平安・鎌倉時代から近代までの話題を拾いながら『江戸名所図会』で時空を超えた旅行を楽しんでいきたいと思います。TCGCのガイドでは対象外になる地域ですが、江戸の人々の名所に対する感性を知るためにも是非知っておきたいところです。

【案内人】 須藤恭一(2期)

【参加申し込み締め切り】2月19日(日)

【参加費】 無料

【録画配信】 参加申し込みをされた方には3月3日(金)1日24H限定で録画を見られるよう3月2日(木)夜10時以降に視聴用URLをお送りします。

ライブに参加されても良し、録画で視聴いただいても結構です。

但し、視聴者本人のみ、録画禁止、転送禁止です。

【申し込み方法】下記の申し込みフォームに、入会期、氏名(漢字)(ふりがな)、メールアドレスを入力して送信ボタンをクリックします。

そうすると、自動送信メールで“○○に登録を受け付けました”と登録したことを入力したメールアドレスに知らせてきます。

 ※メールアドレスの誤入力がありますと登録はされますが、受付メールは届きません。

受付メールが届かないからと言って再登録しないでください。カウンターが登録数をダブルカウントしてしまいます。

心配な時、参加取り消し等は小宮高子sinowanwan@gmail.comにご連絡ください。

参加者には前日までに<参加のためのzoom URL並びにIDとパスコード>をご連絡します。メールが届かない方は、小宮に連絡お願いいたします。当日のご連絡は対応できない場合がありますのでご了承ください。